「日本人は保険に入りすぎ‏‏‏」の対偶

「日本人は保険に入りすぎ‏‏‏‏‏‏」

日本人の保険加入率は90%近くあり、保険に入りすぎという話があります。本当にそうなのでしょうか?「保険に入りすぎ」について考えます。

「日本人は保険に入りすぎ」の命題

入りすぎということは、加入すべき適正な人数よりも多くの人が加入しているか、加入すべき保険よりも多くの保険に加入しているということです。そのため、命題は

  • 日本人は必要としていない人も保険に加入している
  • 多くの日本人は必要のない保険にまで加入している

とします。

「日本人は保険に入りすぎ‏‏」の対偶

  • 保険に加入していない日本人は、保険を必要性で判断していない
  • 必要のない保険に加入していない日本人は少ない

対偶はこうなります。

「日本人は保険に入りすぎ‏‏」」の考察

対偶を読む限りでは、必要性ではなく付き合いとかなんとなくとかで加入している人が多く、それを断ち切る人は少ないっていう感じがしてそのとおりと思います。そもそも人生でどんなことが起きて、どんな対策をとっておくかなんて分かるはずがないわけで、お金に余裕があればあらゆることに備えておきたいわけです。となれば、(格差が広がっているとはいえ)中級階層が多い日本人は当然保険に入りすぎる人が多くなりがちなわけです。

「日本人は保険に入りすぎ‏‏‏‏」の結論

ということで、日本人は保険に入りすぎ‏‏は「真」です。
ただし、入りすぎている状況を正しいと言っているわけではないので、必要最低限の保険に入るようにしましょう。参考:保険相談おすすめ人気ランキング

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください